放課後イングリッシュ

 2015年から関西でスタートした「放課後イングリッシュ」は、放課後や土曜日に子どもたちが「英語」を使って、異学年が関わり合いながら、互いを認め、安心・安全な「居場所」づくりを目指しています。

また、学齢に合ったカリキュラムを使い、言葉を使う楽しさの中で、たくさんの「伝わった!」「わかった!」を体験します。

この学びの繰り返しから「もっと英語をやりたい!」気持ちを育てます。

 

英語をまったく知らなくても大丈夫!

体を使って、頭を使って、心を動かしましょう!


「放課後イングリッシュ」活動のガイドライン

 

新型コロナウィルス感染症対策を行いながら以下の要領で実施いたします。 必ずお読みいただき、ご参加ください。

①    参加について
  児童➡検温(少しでも体調が悪いときは参加をご遠慮いただきますようお願い致します)
      マスク着用(マスク着用が無い場合参加ができません)
      マスク着用での活動になります。熱中症対策としてお茶を持たせてください。
      文具の貸し借りができない状況ですので、色鉛筆、筆記具など忘れないように持たせてください。
      万が一新型コロナ感染者が出た場合のために会場に名簿を提出する必要があります。
      ご協力をお願いいたします。

  講師➡検温、マスク着用
     ※マスクを通しての声が聞き取りにくいなど、あらかじめわかっていることがありましたら事前に講師にご相談ください。

 

      できる限りの対応をさせて頂きます。

②    消毒について
  会場➡000123281.pdf (nite.go.jp)
       nite(独立行政法人製品評価技術基盤機構)が新型コロナウィルスに有効としているものを使用。
  児童、講師の手の消毒➡アルコール消毒

③    座席➡机、椅子を使用し、できるだけ児童は離れて着席。
④    活動➡児童同士が接近して行う活動は避ける。
      文具、教材の共有を行わない
      ハンドアウトやワークシートを用いた(動き回らない活動)を中心とした活動。
      配布物の回収は行わない

不明な点がありましたら、会場担当講師または協会に直接お尋ねください。 

 

 


「どんなことをしているの?」と思ったらまずは体験活動にご参加ください

開講中の会場の開催スケジュールはこちらから

入会登録、教材購入、変更届け、退会手続きなどはこちらから